ニキビ体質を改善

ニキビ体質を改善する

ニキビ跡

ニキビは、避けて通れないのでしょうか。出来てしまうとニキビ跡になり、厄介ですよね。

 

食事面ですが、糖分を減らすことです。糖分はその分解にビタミンB郡を大量に消費してしまうからです。皮脂の分解には、必要なビタミンB郡が不足してしまいます。肌がオイリーに傾いて、ニキビを作りやすくなってしまいます。
食事で摂取する油分は、ニキビに影響を与えませんので、油分を控える必要はありません。

 

その他には、睡眠です。よく肌のゴールデンタイムと言いますが、時間よりもとにかく深く眠ることです。眠りが浅いと朝起きた時に能が動かず、ダラダラしまうよね。そして、イライラしてしまいます。イライラの原因は、やはりストレス、自分でリリースする術を身につけるべきだと思います。

 

眠るためには、適度な運動が大切です。なかなか時間が取れない方は、一駅歩く、エスカレーターを利用せずに歩くなど、毎日の生活週間をちょこっと変えるだけでも運動の時間が取れます。
運動は、深く眠るためには、重要です。身体が疲れると横になって、眠りたくなります。

 

最後に女性がの方の喫煙が増えてきました。タバコを吸っていると大量のビタミンCが消費されるのです。朝、フルーツを食べる方も多いと思います。せっかく摂取しても、タバコで消費されてしまうともったいないですよね。

 

ビタミンCの効果は、抗炎症作用があります。不足すると炎症が抑えなくなります。毛穴を引き締めるだけではなく、しわやたるみの原因になってしまいます。ニキビの回復も遅くなってしまいます。

 

喫煙が難しい方は、タバコの本数を減らすなどして、ニキビのダメージを防ぎましょう。

 

少しの努力でニキビを予防することができます。