ニキビ跡を治す方法

黒ニキビ・赤ニキビ・群衆ニキビは、どこまで悪化するとニキビ跡になる?

ニキびが出来るだけでもテンション下がるのに、その後にできるニキビ跡はもっとテンションが下がってしまいます。
跡の大きさは、にきびの炎症の度合いにより、炎症が深く激しいほどデコボコが大きくなりすます。また、虫制れや切り傷などが残りやすい人は、ニキビ跡のデコボコが大きくなりやすいので、ニキビを悪化せないよう注意する必要があります。

 

ニキビ跡には、陥没タイプとシミのように黒ずみや赤みが残る色素沈着があります。
ニキビは、「黒ニキビ」「赤ニキビ」「群衆ニキビ」の3種類に分かれます。ニキビの種類によって、ニキビ跡のでき方に違いがあります。

 

黒ニキビはブツブツ跡になります

黒ニキビはニキビの初期段階。黒ニキビは、白ニキビが進行して毛穴の中の皮脂や古い角質がさらに溜まって表皮が押し広げられて毛穴が開いてしまって、空気に触れて酸化して黒くなっている状態です。
まだ炎症がはじまっていないため、この段階で治すとデコボコ跡が残りません。ただ皮脂が毛穴をめいいっぽい広げてしまうので、治った後、毛穴がプツプツと目立つてきます。黒ニキビは皮膚科でも保険適用で面皰圧出をやってくれます。

 

赤ニキビはデコボコが残りやすい

ニキビの症状として最も炎症が激しい赤ニキビ。ニキビの頭が真つ赤に腫れあがり、チクチク痛みをを感じます。このニキビ、症状が悪化したり化膿して熱を持ったりします。炎症がおさまっても傷が残ります。皮膚は、かなり破壊されるため、この状態が長く続くとデコボコ跡が残りやすくなります。

 

群集ニキビはデコボコ跡に

ニキビの種類の中で一番厄介な群衆ニキビ。いくつもの皮脂腺が複雑にからみあって大きな二キビを形成しているため、治すのが難しく、それだけ肌への打撃も大きくなります。群集集ニキビをデコボコ跡にしたくないなら、皮膚科にいくことをお勧めします。